PROBLEM SOLVING

課題解決

CASE01

建物管理を最適化したい

こんなお悩みありませんか?

建物の管理に必要とされる管理仕様は、経年とともに変化します。

建設当時に定めた管理仕様が現在の建物の使用状況には適さないケースも多く見受けられます。

一方で、設備管理に関わる費用は、管理業務工数に始まり、水光熱費などの変動費や、臨時・突発的に発生する修繕・工事まで多岐にわたり、自社では適正なコストがわからないというお声も良くいただきます。

管理仕様は建物の使用実態に合わせた見直しが必要です

管理仕様の適性化を図るためには、定期的に建物の使用実態に合わせて見直すことが必要となります。

ザイマックスグループではオフィス、商業施設、物流施設やその他多種多様なアセットについて、全国で1,000棟、延床約500万坪の管理実績があり、建物管理における主要業務である、設備保守点検・清掃・警備を自ら実践します。

内製化の強みを生かし、現状の建物使用や運営管理の実態を踏まえた適正な管理仕様での管理提案を行います。

当社事例

設備員常駐型のビルの管理を受託する際、お客様が建物管理に望む管理品質をお伺いしたうえで、近隣から駆けつけできる体制を整え、常駐設備員が不要な管理仕様への変更をご提案。結果お客様が期待される品質はそのままに、年間約30%の管理費削減を実現した事例がございます。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
03-6859-0410 受付時間 平日9:00-18:00
メールでのお問い合わせ